現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の筑波8耐行ってきた その1

2016年5月3日



3時起床、3時50分に迎えに来てもらい筑波サーキットへ向かいます。昨年に引き続き、春の筑波8耐に参加です。

レース前日は夜中に何度か目が覚めるのですが、今回はそれもなくすっきり。
早くから到着していたメンバーと合流し、ゲートが開いたらタープ張る場所確保のために走る。走ってたら前で人の流れが左右に分かれるので何だ?とそちらを向くとおじさま、場所取り集団走で落車(こけてた)...大丈夫だったかな...

タープ張ったり、ゼッケンつけたり、フロントフォークに計測チップ取付用のマジックテープ貼り付けたりしていたら、試走開始。

そうそう、こんなコースでしたなと思い出しながら走ります。この日は強風の予報だったので、どこで向かい風になるのかなぁ、と考えながらコキコキ。

試走が終わったら、女子チーム集合して出走順決め。アンカーは初めての人に是非体験してもらおうという、いつもの(?)方針で決定。スターターは?という話になったところで、何故か私にΣ(゜Д゜)

ジャンケンとかじゃないの!?

スターターはコースに並んで下さいとアナウンスがかかったところで、コース上へ。ゼッケン番号順にコースピット側に偶数番号、スタンド側に奇数番号で並びます。

脚の違う人たち351人一斉スタートですが集団が落ち着かないので、周囲に注意を払いながらスタート!

あとで知ったけれど、スタート直前の心拍150。何もしてないのに...どんだけ緊張してたんだ(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。