初ヒルクライムレースは「榛名山ヒルクライム in 高崎」

2015年05月18日23:33  イベント 写真あり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年5月17日

榛名山ヒルクライム(ハルヒル)エントリーの経緯はこちら

まさか自分がヒルクライムのレースに出ることになろうとは思っていなかった1年前...

フラぺからビンディングに交換した頃で、立ちゴケオンパレード(笑)。
初峠では立ちゴケしながら、止まりながら「あー!!何で上りにきたんじゃ!」と心の中で半泣きだったなぁ、 そういえば。 初峠のコースは初心者コースじゃないぞ、アレ!今だから言っとくけど!!
というか、あれはたった1年前の話なのか・・・光陰矢の如し。

前日輪行にて今回参加のチームの女性3人で高崎入りし、高崎駅から会場まではシャトルバスで移動して受付完了。シャトルバス内では昨年のハルヒルの様子が放送されていました。これがなかなか楽しめた。


参加賞モロモロ。
・・・輪行袋と20リットルのバックパック1つで来たんだけど入るか、コレ。

当日、午前3時起床。
とある方の自転車ブログで「自転車乗りの朝は早い」と記事がスタートするのですが、早いというか、夜中やろ・・・とツッコミたくなる起床時間です(笑)自転車乗るまではスキーにでも行かない限りこの時間に目覚ましをセットする事はなかったのに、最近平日でもアラーム鳴る前の5時前に一度目が覚める(そして、仕事の平日はこのまま2度寝←練習しようとかいうモチベーションがまだない・・・)。

閑話休題、午前3時45分にホテルロビーに集合した3名。
夜明け前の高崎駅前から集合場所の榛名中学校へ向けて自走で向かいます。今回ルート入れているのが私のみということで、私先頭です。

下山用の服等を入れた荷物を預けて待機場所へ。ここで別行動で現地入りだったチームメンバーと会い、スタート地点への移動案内があるまでまったりお喋り。


10万、20万、30万・・・ロードバイクが諭吉さんに見えます(笑)

ヒルクライムレースはというと、スタートしてからゴールまで、あっちゅーまでしたw
周りに同じように走っている参加者がいるからあの人抜かそうという目標が常にあったこと、沿道にたくさんの地元の方がいらっしゃったこともあり、失速なんてしてられません。

榛名神社越えてからの残り3キロ。今回ショップからホイールを借りていたこと、スプロケが14-28Tということもあり、残り3キロでも後ろ2枚ぐらい余ってる状態でした。ギアを軽くしてケイデンスをあげて上ります。

ラスト2キロぐらいのところで沿道のお兄さんが
「あとちょっと!」
と声を出したところ、私の前を走っていた方が
「ホントに〜?」
と聞き返し、
「ホント。ホントにあとちょっと!」
とお兄さんが返していたのには後ろの私も笑ってしまいました。

目標タイムの1時間5分切りがギリギリできるか、できないか!?の状態でゴール。
ゴール後、スマホの速報サイトでタイムを確認すると、

1時間6分52秒29

年代別女子 11位/48人、総合 2562位/4820人
という順位でした。

目標達成ならず。あと2分縮めなきゃいけなかったか・・・。
試走時のタイム1時間10分から更新はしたものの悔しい。まあ、坂練の絶対量が不足している状態(峠はツーリングでは上るけど練習として上っていることはまずない)で年代別で1桁狙うのも無謀でした。ゴメンナサイ。

スタート時に、「私はゴールしたら、『もうヒルクライムレースなんていい!』と思うのか、『また出たい』と思うのかどっちなんだろう」とぼんやり疑問に思っていたのですが、終わってすぐに思ったのは

「来年もエントリーしようハルヒル」

でした。
目標タイムを切れなかったのは悔しい。来年までにどこまで練習でタイムを縮められるか、挑戦してみよう。


こちら、下山待ち〜。

下山待機場所でチームメンバーと再会し、玉こんにゃく食べたり、焼きまんじゅう食べたり、お茶飲んだり、きゅうりを丸かぶりしたりしていたら、「1位から3位までに入賞した方でまだ下山していらっしゃらない方は本部テントに起こしください」とのアナウンス。一緒にきていたチームのマダム、タイムは一昨年優勝した時より落ちたらしいですが、今回年代別2位。ここでのんびり美味しいものを食べている場合ではなかったようです。

マダム「先に下りなきゃ行けないみたい」
Mちゃん&私「「表彰式までには下りていい場所で写真撮りますから〜」」

と言って、Mちゃんと私は集団下山の順番待ち。
下山中も沿道には地元の方・・・道路お借りしました、ありがとうございましたの気持ちで会釈しながら下ります。下山ルートは途中から上りルートと別ルートで、「なかなかテクニカルだよ」とは聞いていたのですが、下ってるのに上る、道幅が少し狭めでカーブ多しで確かにテクニカル。

マダムの表彰式には無事に間に合い、写真も無事に最前列で撮影。
最後にマダム、Mちゃん、私の3人で写真を撮ってもらって初めてのハルヒルは終了〜。

マダムに何度も誘ってもらわなければ、今回ハルヒルにエントリーする事もなかったと思います。
今回何度も誘ってくれたマダムには感謝です。楽しく充実した、そして課題も見つけられた週末でした。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
前の記事 次の記事