現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

携帯ポンプ

現在のロードバイク アクアちゃんの装備品をご紹介。
まずは携帯ポンプ。


だいぶ文字がはげているな〜

携帯ポンプはTOPEAK Mini Morphです。もっと小さくて目立たない携帯ポンプもありますが、あまり小さいと空気を入れるのが大変という記事を読み、ロードバイクに取付ができて、普通のフロアポンプのように空気が入れられるモデルということで購入しました。

Mini Morph購入時についているホルダーはボトルケージを1つ潰してしまう付け方か、トップチューブ下に付ける方法しかありません。

試しにシートチューブ側のボトルケージを1つ潰してホルダーを付けようとしたところ、フレームサイズが小さいからか、ポンプがフレームに当たって取り付けできなかった・・・orz ダウンチューブ側だとシートチューブに付けたボトルと携帯ポンプが干渉してしまいます。

ボトルケージは2つ分確保したいという問題以前に、フレームの関係で取り付け不可。かといって、トップチューブ下に固定するにも私のアクアちゃんはフレーム外側に沿ってワイヤーあるので、トップチューブにつけるのもなぁ。

ということで、先人達のお知恵拝借すべく、皆様のブログを巡り、ボトルケージのネジ穴を一緒に使いながら、ボトルケージの横に取り付けられるホルダーがあることを知り、ポチッと購入。今はシートチューブのボトルケージとネジ穴共有で固定しています。


ホルダー キット(TPD-2C)というホルダー。


左のクランクと干渉することもありません。

Mini Morphより大きいモデルRoad Morph Gには、簡易エアゲージ付き。

初心者としては、
パンク→チューブ交換→空気圧不足→空気圧不足によるパンク
このループだけは避けたいなぁ。

携帯ポンプの買い替えも検討して、空気が入れやすくて、簡易エアゲージがついて、フレームに取り付けられるものと思ってネットで検索していると、Mini Morphを簡易エアゲージ付きに変更していらっしゃる方のブログを発見。とても丁寧に記事を書いて下さっていたので、迷うことなく私もエアゲージ付きにできました。



参考にさせていただいた記事です。
巨大スティッキーズ TOPEAKの携帯ポンプ・ミニモーフをエアゲージ付きにカスタマイズ

皆さんのブログにとても助けられています。私は作業途中なんかをきちんと写真に残して記事にできないので、細かくレポートしてくださる皆さんに感謝です。

<拍手お返事>
11月21日 撮影舞台裏にコメントを下さったパールママさん
コメントありがとうございます。同じ保護主さんから小春ちゃんの里親さんになられたんですね!私も人生初の猫との生活、2年経っても新しい発見でいっぱいです。小春ちゃんとの生活を楽しんで下さいね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。