現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Under the bed

晩帰晩帰宅して、妙な異変を見つける。いつも洗ったようにきれいな状態のルコの皿にドライフードの破片が散らかっている。しかし、本猫を見るといつも通り「よく帰ってきた、遊べ」と足元をウロウロ。一通り帰ってきてからの用事を片付け、ボールで遊ぶと相変わらずのハイテンション。

お皿のことだけ気になりながら、ベッド下に転がりこんだボールを取ろうとのぞき込むと、ベッド下に妙な影を発見。ベッドを起こしてみると、そこには吐いたドライフードが。今まで高熱が出た時に一度病院で戻したくらいで、毛玉を吐くこともなかったのに、なぜ!?と焦りながら、ふとそばを見るとカシャカシャじゃれるについていた生地の一部も転がっている。確かに日曜日カシャカシャじゃれるで遊び、捕まえさせてから、いつものように私がいいところで取り上げるまで噛みまくっていた。私がカシャカシャじゃれるを回収する前に誤飲していたよう。布生地の丸いものは、噛む癖があるので必ずある程度で回収、引出しにしまいこんでいたけれども、取り上げるタイミングが今回は遅かった。

とりあえず、火曜夜にはけろっとご飯も完食していたので、一安心。これでまた開腹手術になっていたらと思うとぞっとします。手術代と手術一週間後に絶対再発する猫風邪と…。

私が見ているからと思っても油断してはいけない、赤ちゃんと一緒の感覚で!というのを再認識した今週前半でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。