現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるっと伊豆大島 Day 1 到着したよ

2017年1月某日

金曜日夜の都内を自転車で走り(スタート前にリアライトの電池切れとかでバタバタしましたがw)、竹芝桟橋を目指します。職場がそっちの方なので金曜日夜に自転車で向かうのが不思議。

竹芝桟橋に到着すると、乗船券購入窓口で予約番号を伝え、往復分の乗船券を受けとります。

大型客船は自分で輪行袋入りの自転車を持ち運ぶなら無料、コンテナに丸っとそのまま預けるなら片道1,500円です。自走で竹芝桟橋まで行って輪行袋に入れて、復路はその逆とか面倒。ということで、お金で解決。自転車をそのままコンテナに預けます。竹芝桟橋出発の30分前までにコンテナに預けましょう。自転車のコンテナ預けは事前予約不要です(2017年1月時点)。ジェット船は輪行袋必須。

往路は2等和室。雑魚寝スペースですが、一応番号で区切られています。出航後貸し出される毛布を2枚借りて、1枚は下に敷いて、もう1枚は上にかけます。

寝床の準備ができたところで、外へ。


会社から見えるレインボーブリッジを下から眺める。

横浜に寄ってお客さんを乗せて、しばらくすると消灯。そしてしばらくすると点灯。そんな感じであっという間の睡眠でした。三半規管ヨワヨワなので、乗船前にしっかり酔い止め飲んでおきました。それが効いたのか、小さいときほど三半規管弱くないのか酔うことなく、船旅を終えたのです。

薄暗い岡田港に到着。皆さん書かれていますが、伊豆大島の北側岡田港に入港するのか、西側の元町港に入港するのかは、その時の気象条件で決まるそうです。コンテナから出された自転車BURAと無事再会。今回往復コンテナ預けにしたので、カーボンバイクをもってきました。輪行袋なら迷わずアルミバイク。

前日こさえたおにぎりを岡田港でモグモグ。おにぎりを頬張る目の前で輪行袋から自転車を取り出して組み立てるお兄さんたち。日帰りで1周するということで、組み立て終わったらさぁーっと走りに行きました。岡田港、ロッカーがないのがちょっと残念なところ(今回私には必要なかったのですが、日帰りだと欲しい)。岡田港そばで荷物預かりしてくれるところもあるのですが、早朝の対応はありませんでした。

今回は1泊するので、まずは宿に荷物を預かってもらうため元町へ。元町へ行くまでに島の道路のアップダウンの洗礼を受ける( ̄▽ ̄;)寝起きの身体に坂がきつい。

宿のおじいちゃんに今日はよろしくお願いしますと挨拶をして、荷物を預かってもらい、元町から反時計回りに大島周回道路を走ります。

長くなるので、次回へ...


スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。