現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

アイウェアをついに購入

近視の私、基本裸眼で仕事と自転車乗るときは眼鏡でした。アイウェア、あるに越したことはないけれど、3つの選択肢で迷い迷う。

1)度入りレンズで作る(高い)
2)眼鏡の上にはねあげ式レンズをつけるタイプを買う
3)コンタクトレンズにして、度なしアイウェアを買う(コンタクトに対する心理的抵抗が...)

あまりにも迷い決定打に欠けたまま、普通の眼鏡を使い続けることアクアちゃん購入から2年半(笑)
元々眩しさには強いので眼鏡で走ってて怖くない範囲で見えていればいいし、小石や虫が目に入るのを防げてるしいいや、と購入が後回しになってました。

が、春の筑波8耐前に家置き眼鏡を真っ二つにしたために練習に行けなくなった時に、「コンタクトさえあれば、誰かのアイウェア予備借りてでも走れたのに」と思ったことがきっかけで

3)のコンタクト+通常アイウェア

にすることに。
他にも、レンズは消耗品で交換しなければいけない(つまり度入りだとその度にレンズ代が...)、度が合わなければ作り替えなきゃいけないということを考えるとやはり 3) に。

4月末から時々使っているコンタクトにも慣れてきたので、アイウェアを買いに御徒町駅へ。

レンズの色やフィッティングなど色々相談したかったので、オードビー eau de vie さんへ。度入りのスポーツアイウェアでは評判が良いようです(私は度入りじゃないですが)。トートバッグに自分が今使っているヘルメットを忍ばせて行きました。ヘルメットとアイウェアが干渉することもあるみたいなので、アイウェアの購入時は可能なら使っているヘルメットを持っていった(自転車の格好でいった)方がいいと思います。

店員さんに自転車に乗る時間帯を伝え、色々とレンズについて教えてもらいながらこちらに決めました。


RUDY PROJECT のAGON。このページのAGONがまさに買ったモデルです。


調光レンズでレンズの色はレッド系。グレー系は路面がちょっと見辛く感じたので、眩しさを緩和する力を落としてレッド系に。調光レンズでも紫外線と可視光線の両方でレンズの色が変わってくるそうで、紫外線だけで変わるものよりもレンズの変化が早いんだとか。

調光レンズでミラーになってるものもかけたんですが、レンズが濃くなりきっていない時に光源を見るとハレーションをおこしていたので、私はチョイスから外しました。夕方の一般道走行がちょっと怖いかなということで。でも、走行中にアイウェアから目が見えるのカッコ悪くてヤだ!という方はミラーの方がかっこよいです。

フィッティングでは、かなり細かく合わせていただき、アイウェアかけた時に水平になるように右側のつるだけ下げていただきました。人間の顔って左右対称だと美しいと言われますが、なかなか左右対称ではないんですよね(^_^;)


夜の室内で、白いものを背景にするとこんな感じ。


6月21日、曇り空の午前中、日曜練でひとっ走りしてきた直後はこんな色。1度外してかけると、最初はちょっと夕焼けみたいな色で見えますが、馴染むと違和感なし。

アイウェアを購入して、「もっと購入の優先順位上げとけば良かった」と後悔。

下ハンにぎってもずれない
風の巻き込みがない

何てステキなんでしょう(笑)
あと、レースの写真で眼鏡だと微妙な違和感があったんですが(ハルヒルのAll Sportsみてこれはあかんと笑った)、これなら少しは速そうに見える

・・・かもしれないwww

該当の記事は見つかりませんでした。