現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の走り納め 和泉葛城山を目指す

2014年12月31日 @大阪府

実家に2泊3日で帰省中。実家は東に行っても山、南に行っても山と坂練し放題な環境のため、今回は地元をロードバイクで1回走っておこうと輪行で帰省してきたのでした。(さすがに帰省ラッシュまっただ中の日程で輪行は…ということで30日に大阪へ戻ってきました)

本当の走り納め、ということで大阪と和歌山の境 和泉葛城山へ行ってきました。
和泉葛城山は和歌山側からのルートと大阪側からのルート合わせて7コースありますが、今回は実家から最も近い牛滝林道コースへ。


府道40号へ出て、南下していくと立派な門構えの日本家屋の間を走ります。しばらく走っていると「↑牛滝 6km」「13km 泉佐野→」「←富田林 24km」という案内板が出てきます。(写真は逆光で見えづらいですが…)
※ちなみに「富田林」は「とみたばやし」ではなく、「とんだばやし」と読みます。

じわじわと登っていく府道40号。


スタートは左手にこの円形の建物「牛滝温泉 いよやかの郷」が見えてきたころの右手に現れます。


こちらスタート地点。凍結注意の看板ばかりで異様な雰囲気…一瞬登っていいのかと躊躇しましたよw
北斜面の道なので雨の翌日なんかは、凍結してそうです。お気を付けくださいまし~。


入口の脇には山頂までの距離を示すプレートがあります。このプレートは道中ところどころに出てくるので、目安になります。
それにしても入口脇のゴミ…。

さて、入口から登り始めます。路面は最初コンクリートで途中でアスファルトになります(そしてまた途中で一部コンクリになったり)。

最初からガツンとなかなかの勾配でGarmin曰く、10パーセントオーバーが続きます。車通りがないので、カーブは外側のラインを走りますが、途中勾配16パーセント。外側でこれなので、おそらく内側は最大勾配の20パーセントあるんだろうな…。

路面の状況は超良い!とは言えませんが、走ることはできます。ただ、苔が生えてたりするので、下りは要注意です。

スタートからヘアピンカーブまでは、左側に小川を見下ろし、せせらぎを聞きながら登り、ヘアピンを超えると


こんな感じの道を走ります。
時々右側の木々の隙間から、岸和田の町が見えます。

山頂に近づくにつれて、勾配が緩やかな場所が増えてきて、一度下って少し上ると


林道牛滝線の標識に


ロータリーみたいなものが。登り切って下る道と、右側に上る道があります。右側に行くと少し登って


ゴールの売店前にこの看板。

今日は売店はお休みでしたが、壁には掲示板。
(後日追記 売店はどうも閉店してしまったよう)

登ってきた日時や一言を書けるようになっています。


和歌山側の眺めです。気温が高かったので、ちょっと霞がかっているけど、山。

ここから登ってきた道をちょこっと写真撮影しながら下る。
あとは来た道を戻ります。往路はじわじわ登ってきた府道40号、復路はじわじわ下りで林道が終わっても下りで身体があったまらーん!


堪らず最初に出てきたコンビニにインして、肉まんとあったかいカフェオレで補給。
肉まん頼んだら、「からし要ります?」と聞かれたので(大阪やなぁとしみじみ)、喜んでからしも受け取っていただきまーす。

それにしても、往復50キロ弱で山1つさくっと登って帰ってこれる実家の環境素晴らしいなぁ。東京だと輪行して埼玉か多摩方面行くか、自走でいくか(往復自走で150キロ超える)やもんなぁ…。

終わりよければすべてよし!

というわけにはいかず、走り納めなのにGarminのスタートボタンを途中まで押してないわ、登りのタイム計測してないわ、ローターリーのところで左側に下ってしまい、Uターンして登ろうとした時に立ちごけてリアディレイラ―の調子悪くなるわ、と走り納めの割にポカをしまくりました…。来年のポカを先倒しで全部やったと思うことにしようw

今年も皆様お世話になりました!来年も変わらずお付き合い下さい!!

不完全な走行記録(泣)
走行距離 42.7km
平均速度 15.82km/h
最高速度 36.61km/h
平均ケイデンス 65rpm
最高ケイデンス 109rpm
平均心拍数 153bpm
最高心拍数 185bpm
カロリー 1,062kcal
獲得標高 987m
気温 7.2℃

ルート(片道)

スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。