現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

本当の走り納め 和泉葛城山を目指す

2014年12月31日 @大阪府

実家に2泊3日で帰省中。実家は東に行っても山、南に行っても山と坂練し放題な環境のため、今回は地元をロードバイクで1回走っておこうと輪行で帰省してきたのでした。(さすがに帰省ラッシュまっただ中の日程で輪行は…ということで30日に大阪へ戻ってきました)

本当の走り納め、ということで大阪と和歌山の境 和泉葛城山へ行ってきました。
和泉葛城山は和歌山側からのルートと大阪側からのルート合わせて7コースありますが、今回は実家から最も近い牛滝林道コースへ。


府道40号へ出て、南下していくと立派な門構えの日本家屋の間を走ります。しばらく走っていると「↑牛滝 6km」「13km 泉佐野→」「←富田林 24km」という案内板が出てきます。(写真は逆光で見えづらいですが…)
※ちなみに「富田林」は「とみたばやし」ではなく、「とんだばやし」と読みます。

じわじわと登っていく府道40号。


スタートは左手にこの円形の建物「牛滝温泉 いよやかの郷」が見えてきたころの右手に現れます。


こちらスタート地点。凍結注意の看板ばかりで異様な雰囲気…一瞬登っていいのかと躊躇しましたよw
北斜面の道なので雨の翌日なんかは、凍結してそうです。お気を付けくださいまし~。


入口の脇には山頂までの距離を示すプレートがあります。このプレートは道中ところどころに出てくるので、目安になります。
それにしても入口脇のゴミ…。

さて、入口から登り始めます。路面は最初コンクリートで途中でアスファルトになります(そしてまた途中で一部コンクリになったり)。

最初からガツンとなかなかの勾配でGarmin曰く、10パーセントオーバーが続きます。車通りがないので、カーブは外側のラインを走りますが、途中勾配16パーセント。外側でこれなので、おそらく内側は最大勾配の20パーセントあるんだろうな…。

路面の状況は超良い!とは言えませんが、走ることはできます。ただ、苔が生えてたりするので、下りは要注意です。

スタートからヘアピンカーブまでは、左側に小川を見下ろし、せせらぎを聞きながら登り、ヘアピンを超えると


こんな感じの道を走ります。
時々右側の木々の隙間から、岸和田の町が見えます。

山頂に近づくにつれて、勾配が緩やかな場所が増えてきて、一度下って少し上ると


林道牛滝線の標識に


ロータリーみたいなものが。登り切って下る道と、右側に上る道があります。右側に行くと少し登って


ゴールの売店前にこの看板。

今日は売店はお休みでしたが、壁には掲示板。
(後日追記 売店はどうも閉店してしまったよう)

登ってきた日時や一言を書けるようになっています。


和歌山側の眺めです。気温が高かったので、ちょっと霞がかっているけど、山。

ここから登ってきた道をちょこっと写真撮影しながら下る。
あとは来た道を戻ります。往路はじわじわ登ってきた府道40号、復路はじわじわ下りで林道が終わっても下りで身体があったまらーん!


堪らず最初に出てきたコンビニにインして、肉まんとあったかいカフェオレで補給。
肉まん頼んだら、「からし要ります?」と聞かれたので(大阪やなぁとしみじみ)、喜んでからしも受け取っていただきまーす。

それにしても、往復50キロ弱で山1つさくっと登って帰ってこれる実家の環境素晴らしいなぁ。東京だと輪行して埼玉か多摩方面行くか、自走でいくか(往復自走で150キロ超える)やもんなぁ…。

終わりよければすべてよし!

というわけにはいかず、走り納めなのにGarminのスタートボタンを途中まで押してないわ、登りのタイム計測してないわ、ローターリーのところで左側に下ってしまい、Uターンして登ろうとした時に立ちごけてリアディレイラ―の調子悪くなるわ、と走り納めの割にポカをしまくりました…。来年のポカを先倒しで全部やったと思うことにしようw

今年も皆様お世話になりました!来年も変わらずお付き合い下さい!!

不完全な走行記録(泣)
走行距離 42.7km
平均速度 15.82km/h
最高速度 36.61km/h
平均ケイデンス 65rpm
最高ケイデンス 109rpm
平均心拍数 153bpm
最高心拍数 185bpm
カロリー 1,062kcal
獲得標高 987m
気温 7.2℃

ルート(片道)

走り納めライド 飯能へ

2014年12月28日

チームのTさんと走り納め。

偶然、私のブログを見つけたらしいTさん。来年の目標までしっかり読んでいただいたようで、その流れで走り納めはお山に決定。

西武池袋線仏子駅起点・終点で、小沢峠~有間ダム~山伏峠~正丸峠というコースになりました。正確に言うと山伏峠、正丸峠を私がリクエスト(笑)。

地元から最寄りの西武線の駅に走り、仏子駅へ。

白石峠の復路輪行の時にも思いましたが、西武線の電車の暖房は最弱設定がデフォルトなのか、寒い...。電車なのに身体が一向に温まらないまま仏子駅到着。


自転車を組み立ててから、シューズカバーとシューズの間に爪先用のカイロを入れます。温かい・・・ような?ここまで寒いと役に立っているのか正直分かりません(笑)爪先に入れるカイロに続いて、誰か手の指先用カイロを作ってくれないものだろうか、と思ったり。需要は・・・自転車乗りぐらいか??

仏子駅から小沢峠経由でまずは有間ダムへ。身体が温まっていないからか、小沢峠手前の坂でひーこらひーこら登る始末。何とか辿り着いたよ、有間ダム(名栗湖)。


雲1つない空。
ここから名栗湖畔をくるっと散策。有間峠へ向かう分かれ道の手前まで走って今度は折り返して山伏峠へ向かいます。今回は有間峠へは進みませんよ~。

山伏峠まで向かう県道53号は、左手に川を見ながら、右手には合掌造りの家々や旧JAいるま野名栗支店のレトロな建物が見えてきます。古い建物好きとしては、走っていてテンションの上がる道でした。一人だったらここで何十枚もの写真を撮って前に進まなかった、多分峠行くことをやめていたと思われますw

木々の合間の道を走り、辿り着きました。


山伏峠。眺望はございません。ここで携帯に実家の母からの着信があったことに気づく。が、多分実家にいつ帰ってくるんやという日程確認やな~と用件が分かっていたので、とりあえず夜かけ直そうと放置。電波が怪しい山で電話するのも長引きそうですもの・・・。

さて、ここから秩父側に下り、途中「正丸峠」とかかれた看板が出てきたところを右折して正丸峠へ。


1キロの登りを終えて少しだけ下るとお茶屋さんがありました。


ここからの眺望。山、山、山。ひゃっほーい!
実家のある大阪は北、東、南が山で、実家は南側と東側の山が見えるところだったので、東京に越してきた当初は山が見えないことに衝撃を受けたものです。地理で関東平野は日本一広い平野と習いましたが、本当にでっかいなーと体感した瞬間でした。


はい、ここでも証拠写真。

正丸峠を下って、1キロ程山伏峠を登ったら、おまちかねのダウンヒル。
山伏峠は車も時折通る上に、私はダウンヒルが苦手なのでブレーキかけながらズルズル下ってきました。(おっかしーなぁ。スキーしてたのにw)

ここからは下り基調の道を走り、ランチタイム。ランチは「カントリーカフェ ターニップ」。道路より少し高い位置にある黄色い建物が目印です。

初ターニップの私、下り基調の道をアウターで走ってきており、ターニップの建物までの坂をそのままアウターで突っ込んでしまいました。

ここを「むーりー!とーまーるー!すすまーん!」と叫びながら登りました・・・テラスでランチ中の皆様失礼しましたm(_ _)m


庭では羊の親子?がお出迎え。


この黄色い建物が目印ですよ~。

私は焼きカレーをチョイス。サラダとドリンク付きで900円です。

サラダに


焼きカレー。峠のご褒美ランチ!

ターニップを後にして、県道70号を飯能駅方面に向かって走ります。
ここでまさかの巡航速度30kmオーバー。おお、仏子駅は一体いつでてくるの~と思っていたら、飯能ゴルフセンターが見えたところで「四里餅商事 大里屋 本店」へピットイン。ここで止まって初めて気づく、私の太ももパンパン!峠の後に30kmオーバーが脚にきたw

さて大里屋さんは四里餅が有名だそうで、早い時には午前中で売り切れることもあるんだとか。私は生餅系が苦手なので、こちらをチョイス。

ゆず饅頭。店内のベンチスペースで許可をもらって食べていたら、店員さんにお茶までだしてもらっちゃいました。
このゆず饅頭、包みを開ける前からいい匂いがしており、饅頭の皮にゆずの皮がたくさん入っていて爽やか。白あんもあっさりでとても美味しいお饅頭でした。

飯能市内からは国道299号を走って、仏子駅へ。やっぱり国道299号は走りづらいから嫌いだ。

この後ショップに年末の挨拶をしに寄ったところ、娘ちゃんに捕まり一緒にお絵描き。ウサギ2匹とニワトリ1羽とヒヨコ3羽、太陽1つ書いて、1時間ぐらい遊んで帰ってきました。

今年はショップにも、チームにもたくさんお世話になりました!
来年は早々にブルベだよ。

走行距離 80.48km
平均速度 20.43km/h
最高速度 39.20km/h
平均ケイデンス 75rpm
最高ケイデンス 117rpm
平均心拍数 150bpm
最高心拍数 183bpm
カロリー 1,269kcal
獲得標高 1,030m
気温 2.4℃

ルート


忘年ツーリング

2014年12月21日

チームの忘年ツーリング。集合場所は埼玉県小川町の道の駅おがわまち。

最寄駅で輪行の準備をします。


ロードバイクも赤ならば、輪行袋も赤です。

使っている輪行袋はオーストリッチのL-100。前後輪外して、エンド金具が必要なので、面倒という印象が強いかもしれませんが、新幹線で輪行する時に2列席の最後列スペースに収めることができるので、新幹線での輪行を考えている方は覚えておいて損はないかな、と思います。私はボトルケージに入れられること、新幹線で邪魔にならないことを優先して購入したので、他の輪行袋は未体験。


朝から駅そばの自販機でおつり切れ。


で、千円札でコーヒーを買ったために、朝から電話で連絡を入れる羽目になった方と、その自販機のおつりぎれ表示を写真に収める方。朝からひと騒ぎw

東武東上線で小川町へ。
小川町駅前で電車内で合流したメンバーと自転車を組み立て、集合場所へ向かい車載で来た人たちのトランクに荷物を入れさせてもらって、ブリーフィング後スタートです。

ルートはIさんが設定してくれた小川町〜松郷峠〜白石峠入口〜(途中分岐)〜七重峠〜小川町。
オプションで七重峠の後に二本松峠のロングコースもありましたが、私は七重峠から小川町へ戻ってくるショートコースを選択。

だって、ロング行ったら120パーセントご飯食いっぱぐれるw

今回、峠登るのに一生懸命で写真は全然撮ってません。
白石峠の入口から七重峠へ向かう道は、車も全然通らない道で、林の中を走り、時には小川が流れととてもいい環境でした。夏に走ったら気持ちいいだろうなぁ。

初峠で登った七重峠、今回で2回目。
前回とはホイールとコンポ、クランクが違うのです。登れるはずなのです(自分のエンジン強化より機材に頼りました。社会人バンザーイw)。

やはりキツいっちゃーキツいし、時速はヒトケタ。
ただ、前回は登っててもズルズル下に引きずられるように重かったのが、今回はそこまで後ろに引きずられる感覚はありませんでした。ホイール交換の効果かなぁ?

時々ガーミン先生が「勾配14パーセントだよ」「9パーセントだよ」と教えてくれて、ガーミンに勾配表示させるんじゃなかった!と後悔。

七重峠で開けたところから取った唯一の写真。

写真では見えませんが、奥に雪をかぶった山脈が見えました。遠くの山が見えるまで登ってきたんだー!と実感できた瞬間。

峠登りきったところで、ショートコース選択のメンバーで集合写真。

ショートコースはこのまま小川町までひたすら下り。

指先さーむーいー!
路面がウェット&落ち葉でこーわーいー!
グレーチングですーべーるー!

ということで、ブレーキをかけまくり下ってきました。握力なくなりそう・・・。
下ってきたら、道の駅の麺工房かたくりでお昼ご飯。


かき揚げうどん。色がうどんっぽくないけど、確かにうどん。

この後、輪行で帰宅して、夜は地元で忘年会。色々大笑いでございました。
新年会から顔を出しはじめたチーム、忘年会で無事に締めくくれて良かった良かった。



坂って楽しいん?
いや、苦しい。

走行距離 48.91km
平均速度 17.5km/h
最高速度 45.7km/h
平均ケイデンス 65rpm
最高ケイデンス 122rpm
平均心拍数 157bpm
最高心拍数 187bpm
カロリー 1,081kcal
獲得標高 1,052m
気温 7.3℃

工場直営店ライド

2014年12月14日

久々のショップの半日ツーリング。

チーム朝練は1月から再開なので、Tさんとツーリング前に彩湖をクルクル。

朝9時、ショップから走ってきた方々と彩湖で合流し、キムラヤの工場直営店へゴー。



ここでカレーパン4個入り、ドーナッツ8個入りを購入して、外で朝練後の補給としてカレーパン1ついただきます。


食パン買ったり、フォカッチャ買ったり。皆さん思い思いにお買い物。

さて、さらに移動して今度はヨネザワ製菓へ。

その距離50メートルあるかないか(笑)

ここではデザート補給です。

エクレア!ボリューミー!

ここでは袋やパック詰めのシュークリームやら、マカロンの皮やら誘惑がたくさんですが、先にパンをがっつり購入したので、バックパックに入りそうなマカロンの皮を私は購入してお持ち帰り。

一人暮らしでこんなに買う必要があるのか、

ということには帰ってから気づきました(;´∀`)

会社であちこちに配ったりして、短い消費期限内にさばきましたw


走行距離 73.9km
平均速度 18.55km/h
最高速度 41.52km/h
平均ケイデンス 81rpm
最高ケイデンス 128rpm
平均心拍数 135bpm
最高心拍数 172bpm
カロリー 1046kcal
獲得標高 197m
気温 3.7℃

REC-MOUNTS 取り付け


ちょっとひねったら、ごっつんこ。

GARMIN Edge 1000Jの取り外しがライトと干渉して面倒問題を解決すべく、ブログのコメントで教えてもらったマウントをポチっと購入。

REC-MOUNTS type19


ちっさ!


マウント、ライトなどをマウント下につけるためのコネクタ、ライトの台座取り付け部品が同梱。

ライトの台座は今使っているものを使って、台座取り付け部品にネジで取り付けます。


スッキリ!


ライトの角度調整は翌日に持ち越し。

アームの上下入れ替え可。
最初はアーム下側でつけていましたが、ワイヤーの取り回しがシビアなアクアちゃんは、結構ギチギチでワイヤーと当たるので、写真を撮った後、アーム上側で再セット。

これまでライトの下側につけていたベルの新しい位置を決めるのに悩み、暫定的にステムに装着。


んー、やっぱり別の場所考えよう。

さあ、これでGARMINにルートを仕込めば、日曜のチーム忘年ライドの器材準備は完璧です。

後は心の準備。
走行距離50km弱で獲得標高1000m(;´∀`)

身体の歪み

2014年12月14日


猫さまのストレッチ(終了直前)。

ショップの半日ツーリング後、ショップでストレッチ講習会に参加。

講習会前に作業スペースで腹ごしらえ。
(もちろん店長にお許しいただいてモグモグ)

ストレッチに入る前に足圧測定して、身体のバランスを確認。

結果、

骨盤ねじれてる
外反母趾で指が使えてない
両足に均等に体重がのってない
踵に体重のってる

とまあ、相変わらずの身体のゆがみっぷりです(-_-;)

股関節、膝、足首、肩のストレッチを教えてもらい、毎日ストレッチ中。

次回までにどれだけ改善されるかな?



実は私、今年の夏から秋に右膝痛が頻発して、50km走ったら痛い!という状態でした。
踏めなくなって、2度ほど自宅までの25km(坂あり)を左足の片足ペダリングで帰宅したこともあり...(´;ω;`)

ショップに寄って膝が痛くて踏めない、坂道登れない!と話したところ、

店長「爪先とかかとを真っ直ぐにして、片足で軽く屈伸してみて」

私「???はい」

店長「あー、膝が内側入るね」

軽く屈伸すると、膝が爪先方向にまっすぐ出るのが本当の動きです。

が、私の場合、無意識で軽く曲げると内側に入るんです。しかも両脚。

なので、ペダリングも膝が内側に入っていて負荷をかけているのが原因かも...と店長。

その時に教えてもらった股関節と膝のストレッチをロードバイクに乗る前と乗った後にするようにしてから、膝痛とはおさらば中。

身体の歪みというのは、こういうところにも繋がるんだなぁ。。。と体感した膝痛でした。

ストレッチがんばるー!

取付けてみよう GARMIN

12月13日土曜日は部屋の片付けをした後、GARMIN Edge 1000Jを取り付けました。

GARMINを取り付ける前にメンテナンススタンドのクイックリリースを受けるところを削る作業からスタート(詳細はこちら
カッターナイフで少しずつ削るという地味な作業を経て、いざ、GARMIN取り付け作業へ。

Before写真

ハンドル右にサイコン、左に上部ライト、下部ベル。ステムにサイコンを取り付けたこともあるのですが、見づらかったのでこちらへ。


全部取り外し〜。

さて、箱をオープン。中を確認しましょう。

心拍計、スピードセンサー、ケイデンスセンサー、マウント


マウントはハンドルの前方へ飛び出るタイプを今回付けることにします(ステムに付けるタイプのマウントも入っています)。六角トレンチが親切に入っていますが、一通りのサイズ持っているので、実は不要。スペーサーは2種類ありますが、私は手前の薄い方をかませることにしました。


スピードセンサー。ゴムが一体型になっていて、こいつを、


後輪のハブにぐるっと巻き付けて取り付けます。


次はケイデンスセンサー。クランクの太さに合わせて3種類のゴムが入っています。


CATEYEのケイデンスマグネットがついていた上に装着。(全部GARMINの設定が問題ないことを確認してから、CATEYEのセンサーは外しました)


CATEYEのサイコンでは、ケイデンスはクランクのマグネットがこのセンサーを何回通過したか、スピード&距離は後輪スポークのマグネットがセンサーを何回通過したかで計測しています。なので、このセンサーをどうしてもフレームに取り付ける必要があるのですが、GARMIN Edge 1000Jではセンサー本体の回転数で認識するらしく、フレームにこういったものを取り付ける必要がありません。コイツもGARMINの動作確認後、取り外し。

After写真

真ん中で見やすいのですが、GARMIN本体を90度横に回転させて取る際にライトが邪魔。毎度ライトを取り外してからGARMINを取り外すことに・・・。ちょっとそれは面倒なので、マウントの新規購入を検討中です。

センサー類を取り付けてから、GARMIN本体とセンサーのペアリングを行なったのですが、特に難しい設定もなくペアリング完了。翌日のショップの朝ツーで初GARMIN体験です。


やってきた GARMIN Edge 1000J

自分にGARMINが必要な理由を言い訳をここでさんざんしてましたが、買っちゃいました(*≧∀≦*)

先週土曜日ショップにて。

私 「店長、ガーミンって今注文するといつ入ります?」

(年明けって言ってくれたら、今回は諦めよう。うんうん)

店長 「どれ?」

私 「1000J」

店長 「ちょっと待ってねー。あ、あるねぇ。火曜には入ってくるよ」

私 「( ☆∀☆)注文でお願いします!(即答)」


昨日仕事帰りにピックアップ。


それが昨日の写真。まだ開けてませんw

お楽しみは週末に持ち越しです。


いつでも旅に行けるな。お土産は鰹節でヨロシク。

サイクルコンピューター

ロードバイク装備紹介 第2弾。

役に立たなくても書いちゃいますよー。



私が購入したサイクルコンピューター(以下、サイコンと略します)はCATEYEのSTRADA。

後輪スポークにスピード計測用のマグネット、左のクランクにケイデンス計測用のマグネットがついていて、チェーンステーのセンサーで計測してます。

サイコンの機能云々の話より、実際にロードバイクに乗り始めて、それぞれの時期に欲しくなった機能を参考までに羅列してみます。

1) ロードバイク乗り始め
速度、走行距離が知りたい。今日は70km、あと少しで100kmという数字が分かるので、モチベーションアップ。

2) ロードバイクに乗り慣れてきた頃
ケイデンス。どれぐらいだと長時間疲れずに乗れるのか?と気になり始める。最初は100を維持するのが辛かった。

3) ロードバイクに乗り慣れてきて、速く遠くに走りたいと思い始めた頃(朝練に顔を出し始めた頃)
心拍計。心拍ってどこまで上がるとキツイのか、ロングライドの距離を延ばすには心拍も知らないといけないのでは?と思い始める。

4) 更にロードバイクで速く遠くに走れるようになりたいと強く思い始めた頃(チームの日曜練で千切れたり、千切れなかったりの今)
ケイデンスと心拍の記録。走行中だけでなく、終わってから平均なんかを確認して分析したい。ケイデンス95前後で走ってるつもりだけど、本当に走れてるのか?

5) 一人でも100km走れるようになってきた頃
ナビ、ルートの記録
同じルートに飽きてきた。スマホで確認するのは面倒だし、電池の持ちが問題。


で、今使っているサイコンがどこの機能までカバーしているかというと1)~3)。スマートフォンで代用できる機能もありますが、電池の心配をしてバッテリー持ち歩きたくないので、スマートフォンでの代用は選択肢にはありません。

4)と5)の機能がついてるものを買おうかなぁと思ってたところにGARMIN Edge 1000Jが発売。
機能的にあまり変わってないなら810でも良いかなぁと思っていました。

が、来年になると主要サイクリングロードの地図が入るようになるというじゃないですか!

サイクリングロードで迷子になる私としては、是非欲しい。





だって、年末年始ロードバイクで走ったことない実家行くやん?

実家でロングライドするんやったらナビいるでな?

東京みたいに、誰かが先頭牽いてくれて、ついていくだけでオッケー!ってならんしな。

というか、坂練したいしな。キャリアによってはスマホもあてにならんでな。遭難とかシャレにならんし
(実際に実家は白いワンコのキャリアが電波ほぼ入りません)

と、自分に購入理由を並べている状態だったりします。買う気満々やん。





あれ?見たことない箱があるよ??



あらら?あれれ?

ブルベ エントリー完了!

12月10日 BMR117千葉200kmのエントリー開始でした。

昨日の夜は11時ぐらいからパソコンを立ち上げ、インターネットのスポーツエントリーにログイン。

必要な情報をまとめたファイルも開いて、ネットのウィンドウと情報ファイルのウィンドウを2つ並べてスタンバイ。支払いのクレジットカードも手元に用意。

日付が変わった瞬間にスポーツエントリーの画面を更新すると、受付前の表示が受付中になったのでえっちらおっちら入力。

エントリー画面に必要な情報を入力し、ぽちっと確定。よーく確認してると、

あっ!保険の期間間違ってる!これじゃブルベの時には保険期間終わってるやん(;゜∀゜)

えーと、編集しなおしボタン...見当たらん!

えーい!戻るボタンじゃ!


エッ(´д`|||)
ブラウザの戻るボタンは使えません!?
最初からやり直せと!?

何とか1からやり直し、エントリー完了。
このとき0時7分。

今回は開始10分で受付終了になったようです。
プルべ経験者Tさん曰く、思ってたよりエントリー峠はきつくなかったそうです。エントリーが5分で終わることもあるんだとか...

私が会ったことのないチームメンバーで、エントリー峠が思った程でもなかったからと酒の勢いでエントリーした人がいるらしいw

そういや、酔った勢いでヒルクライムの大会にエントリーして、事前予告していた富士山1周と日程がかぶった人もいたなぁ。

何で酒を飲みながらエントリー画面開いてるの、皆( ̄▽ ̄;)



ということで、無事にエントリー峠越えました。

さて、これからは装備の確認です♪


その前にうちの新しいベッド買って。

ブルベ エントリー峠に向けて準備



来年のブルベのエントリー開始が近づいてきました。

年明けの200kmブルベはエントリーが多いらしく、エントリー峠なるものがあるらしいです(´д`|||)

実走以外にも坂あるんかいな...

峠を越えるために昨日は帰宅後準備に勤しんでおりました。

・スポーツエントリーに新規登録
・エントリーの際に必要な情報をスポーツエントリー内で確認
・必要な情報をテキストでまとめておく
・傷害保険の種類や期間、証券番号、賠償額など再確認

ちょうど「保険が後1ヶ月できれるでー。継続手続きしてくださいなー」というお知らせがきていたので、保険継続の手続きも済ませました。

初エントリー峠、結果はいかに!?


期間限定目指して榎本牧場ライド

2014年12月7日

朝6時過ぎ、いつものコンビニでTさんと待ち合わせ。日が昇ってない朝は寒い。しかも寒波があるので冷え冷えー。

お馴染み国道17号で北上しまーす。


戸田橋からの眺め。月がちょうど沈むところでした。寒いけどこんな景色がみれるなら悪くない。

第一目的地到着。


コメダ珈琲でチームメンバーとモーニング&チョコノワール。ツールド北海道で落車してケガしたメンバーも最近ようやく自転車解禁になったとのことで登場。復活しておばちゃん一安心だよ(私より年下なもんで)。

コメダ珈琲を後にして、他の時間のあるメンバーは埼玉県上福岡のうどん屋條辺へ。私とTさんは彩湖管理橋でトレイルランニングをしていてMTBで自転車通勤をしているMさんと待ち合わせ。


彩湖からは雪をいっぱいかぶった富士山が綺麗に見えます。ちなみに羽倉橋、秋ヶ瀬サーキット横も富士山が見えます。

次回の富士山1周は春だな!
Tさん先頭固定で荒川サイクリングロードを北上。


はい、到着。おなじみの榎本牧場。
寒いからか後ろに2台あるバイクラックにも自転車が止まっていません。夏場はバイクラックに自転車がかけられないぐらいなのに。皆室内でローラークルクルしてるのかなぁ?

今回これを食べにきたんです!


期間限定 アップルパイ。

秋~冬に出てくるらしく、去年から美味しいから食べなよ~と皆に言われていたもの。ちなみに今年の新作でイチゴパイもあるらしい。アップルパイはアイスの上にリンゴジャムとパイ生地、お好みでシナモンをふりかけてどうぞ!ジャムとアイスがいい組み合わせです。

期間限定がいつまでだか分かりませんが、イチゴパイも食べられるかな~。

え、寒いのにアイスなの?というツッコミはノーサンキュー。自転車乗ると寒かろうが暑かろうがアイス食べたくなりませんか??(流石にこの時期コンビニの外休憩でアイスは食べないけども)

我々が食べ終わった頃には、4組ぐらい自転車乗りが増えてました。寒い中のアイス仲間だw


牧場の子牛ちゃん。

私「黒目が大きいとやっぱりかわいいですね」
Tさん「じゃあ目大きくしな!」
私「黒目の話ですよ?」
Tさん「じゃあ、カラコンだな!」
ううーん、眼球に異物をのせるというのが抵抗あるので、無理だな。

ここで昼食をどうするか相談。一番近い高半よりもうどんよりも、ラーメンが食べたいと駄々をこねるTさん。スマホで検索して近そうな麺屋 GAKUへ。


ここでも期間限定 ゆず塩ラーメン 中盛をいただきました。

しっかり鶏のダシ。あっさり、だけどしっかり鶏の味がします。自家製辛味噌を入れると味が変わってまた美味しい!

お腹をいっぱいにしたら、追い風に乗って帰宅。完全に食べ過ぎライドでございました。


余談。
ライド中にTさんとチームメンバーの年齢の話をしていたところ

「おまえは年のわりに落ち着きすぎ!」

と言われてしまいましたw

私より4つぐらい年上かな?と思っていた女性メンバーが8つぐらい年上だったことが、この日コメダ珈琲で判明。Tさんと見えないよねぇー若いよねぇーなんて言ってたら、話の矛先がこっちにきた。

18歳の時にバイト先でお客さんに26歳に間違えられたこともあるけど、30になってもやっぱり落ち着きすぎなのかwww


走行距離 75.88km
平均速度 21.2km/h
最高速度 39.7km/h

スポーツバイクデモからのぼっち彩湖練

2014年12月6日

彩湖ではスポーツバイクデモ開催されていました。本当は物見山に行ってから帰りに寄ろうかと思っていましたが完全に寝坊しました。

まぁ、前日の飲みが楽しかったからいいかw

スポーツバイクデモに行ってから荒川CR北上するか、エンデューロレースが終わった後、彩湖でもクルクルしようかなぁと出発。

女子会ライドで初めて会ったゆっこさんも来るということで、あいさつしに行こうととりあえず彩湖へ。ゆっこさんのブログに良く登場する人たちともごあいさつ。

お山とかお山とかおやま・・・(略)を変なスピードで登る人たちだ!

へるはうんどさんには赤いアクアちゃんを素敵に撮影していただきました。フレームの色で反応されたのは初めてでビックリしましたが、赤黒が好きということを聞いて納得。ちなみに、この日帰ってショップに顔出したらTIME FLUIDITY FIRST 2014のフレームが鎮座しており、色は赤黒でした。へるはうんどさん好きなんだろうな~と思いながら眺めたのは書くまでもなく。

と、話がそれましたが、エンデューロが終わった彩湖をTTするとスタートした男性3名。私も同じタイミングでスタートしたんですが、すっごいスピードで点になってしまいました。あの~向かい風で私25km/hオーバーでもヒーヒーしてるんですけど。私は途中彩湖1周ではなく、8の字周回のコースに入ったのでここで皆さんとはお別れし、ぼっちで彩湖練。

バックストレートは追い風で30~35km/hで楽々、土手上にあがると向かい風で25km/hで必死。1人で彩湖を走っても楽しくないので、がっと8の字1周走ってから、クールダウンで彩湖通常の1周走って終了。

彩湖はぼっちで走っても楽しくない...


走行距離 46.67km
平均時速 18.3km/h
最高速度 36.8km/h

ブルベって?


日比谷公園。天気も良くてキレイだなぁ。

突然ですが、昨日決まりました。

来年1月 初ブルベ参加予定。
但し、エントリーミスらなければw←ここ重要。

自転車ブログを読み始めて、時々出てきたブルベ。なんとなーく知ってはいるものの自分の勉強がてら調べてみましょう。

Wikipediaさんに聞いてみると、

ブルベ (Brevet) とは、組織化され、制限時間内での完走の認定を伴う自転車での長距離ロングライドイベントのことをいう。

各チェックポイント(PC)を規定時間内に通過

制限時間内に完走(順位は競わない)

という、分かりやすいロングライドイベント。

他のイベントと違うところは、

交通規制はなし
コース上には通常の道路標識以外案内なし
エイドステーションなし
トラブル対応もすべて自分で
棄権(DNF=did not finish)する際も自力で帰宅する

という、個人でやるロングライドと似ています。

制限時間は距離によって決められていて、今回参加予定の200km 13.5時間だそうな。

今回一人参加ではなく、チームのTさん(ブルベによく出てる、ライトやら泥よけやらを譲ってくれたご近所さん)や富士山1周で一緒だったメンバーも参加予定。

問題は私の1日の最長走行距離が136kmなこと...年末年始はロングライドで200kmの距離感をつかむことが最優先。

その前にエントリーミスりませんように!
開始の日付勘違いとかやりそう(;・∀・)


スーツのカバーに夢中。

2015年の目標を考える ロードバイク編


名古屋駅の高島屋はえらいことになってました。銀河鉄道999??

1ヶ月早いですが、ロードバイクの来年の目標なんぞ考えてみる。(出張復路の新幹線が暇なもんでw)



2014年に思ったことを羅列してみると

1 皆に置いてかれるのイヤ。トレインで千切れて回収させて、すいません。
2 皆に気遣われながらのツーリング...すいません
3 1日の走行距離 150km越え未だ達成ならず(。>д<)
4 しまなみ海道楽しかった
5 富士山1周もっと楽しかった
6 朝練の35km/hトレインに乗りたい...
7 坂練もうちょっとしたかった
8 物欲無限ループ、恐るべし



羅列の結果を整理すると、

今後の課題は

1 巡航速度をあげたい
2 峠でもうちょっと登れるパワーが欲しい
3 距離を走れるようになりたい

ということのようだ。(他人事かっ?)

チームの先人たち曰く、ロードバイクに乗って走った距離の分、最初は力がついてくるらしい。(モチロン、強度もあると思いますが)

峠も登った分、筋肉も作られるらしい。





前々から言われていたヤツ来年やってみるか。


目指せ、達成!月間走行距離1000km


現実的な数字なのか試算してみるぞ。

月間1000kmということは、
1ヶ月30日として、1日33.333...km走ればオッケーと。

私の自転車通勤が往復30kmなので、

自転車通勤3日*30km=90km
週末ライド2日*100km=200km
これで、1週間290km

1ヶ月4週間だと 4週間*290km=1160km

こうやって考えると自転車通勤が認められている分、頑張ればいけそうな、現実的な数字な気がする。

ローラーがないので、実走のみ。
(天気を言い訳にしそうだな、私w)

平地で月1000km走っていても仕方ないので、月2回は峠に行くことをプラスしよう。

爆風向風の荒川サイクリングロード(荒川峠)はモチロン峠には含めません!(当たり前じゃ)

ということで最後に


月間走行距離1000km達成
月2回の峠練を実施


をワタクシの2015年ロードバイク目標としたいと思います!

12月は移行期間ということで、寒さに負けずなるべく自転車通勤頑張ろう。

いってるそばから寒気がこんにちは(・∀・)ノするんですけどね...


達成せんかったら、缶詰1つうちに買うこと!

該当の記事は見つかりませんでした。