現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

自転車に乗って変わったこと

1) パンツスーツが1着、ジーンズが1着着れなくなりました...orz

2) 体重が増えました(体脂肪率はちょっと減りました)

中学時代、バレーボール部で毎日スクワットしてたため、ズボンが太ももでパツンパツンでした。

高校、大学とその後は運動部ではなかったので太ももの筋肉はなくなり、ウエストのサイズで服が着れていたんですが、自転車乗りはじめて太ももの筋肉が復活し始めたんでしょうか。

夏用のスリムな作りのパンツスーツの太もも部分がめっちゃきつい。座ってても立っててもずっと圧迫されているのが苦しくて苦しくて。

嗚呼、こりゃこのスーツ着れないわとこの夏2回着て諦めました。ジーンズもストレッチなしのストレートがパツンパツン...正座とかしゃがみこむという動作が苦しいです。

体重が増えたのは、おそらく太もも含め筋肉がついたのとハンガーノック防止で食べる量が増えたからだと思います。元々低血糖になりやすいこともあり、自転車乗る時は小まめに補給してます。休憩の度に皆が水分補給しかしてなくても1人もぐもぐ。

親から帰省する度にガリガリだの、友人からは横から見ると薄っぺらいだの、少年体型だの言われていましたが(どれも褒められてない)、流石に3キロ増えたのでガリガリとは言われなくなりました。

2)の変化は私としてはありがたかったです。周囲の女性陣にわかるくらい、就職して5年間痩せる一方で心配されてましたので(^_^;)

ただ、スーツ1着買い直しは財布に痛いなぁ...

該当の記事は見つかりませんでした。