現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父、来る

 先週末行なわれた東京マラソン。父が抽選に通ったとのことで、大阪からわざわざ走りにきました(なぜそこで運を使う)。もちろん宿は私の家です。

 年末年始大阪の実家で過ごしていた時、ルコは完全に幻の猫と化していたので、私と弟以外まともにルコの姿を見ていませんでした。ただ、人の側にはいたい猫なので、和室で全員集合していると、和室隣のダイニングをウロウロ。でも父か母が動くとダイニングにある2階への階段までダッシュで逃げるを繰り返していました。

 しかし、今回は自分の縄張りにきた父なので、しばらくベッド下から様子をうかがったあと、父のリュックサックと靴の臭いをチェックし、後は好き勝手遊び回ってました。部屋をウロウロするルコを見て父は、「初めてまともに見た」と・・・。ルコはその後、早々に風呂に入って寝た父のまわりをウロウロして観察。少しいびきをかく父の顔を不思議そうに覗き込んでは、戻ってきて、やっぱり気になるのか父のところに忍び足で行っては戻ってくるを5分おきにしていました。

luko30.jpg
おじちゃん、赤福たべたんかな?
父、走りながら赤福食べるってラップに包んで持って行きました。

スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

週末午前中のタワー上

丸い背中。洋梨みたいな形です。
luko21.jpg
うるさいなぁ

まずは横から見てみましょう。
luko22.jpg
♪こんにちは、ルコちゃん♪
なんか用?

次は正面から観察してみましょう。
luko24.jpg

luko23.jpg

luko25.jpg

luko26.jpg

luko27.jpg

luko28.jpg

luko29.jpg
・・・身体柔らかいなぁ
んべ、んべ。ねこやもん。

退院したものの

 先週末、避妊手術後のルコを迎えに行ってきました。怪我の際に術後1週間経過したところで、ルコ高熱を出す事件があったので、今回の避妊手術の際にも前回同様、術後に持っているウィルスが症状として出てくる可能性がありますと言われていました。

luko20.jpg
キリッ。猫風邪?だいじょーぶ、だいじょーぶ。

luko19.jpg
ふああああ!!眠い。


 そしたら、案の定退院1週間後、抜糸当日の昨日朝から涙目、目やに、くしゃみという症状が出ました。結局、抜糸当日に点眼薬と抗生物質を出されました・・・。まだまだ通常営業とはいかない我が家でした。

くねくねぐるりん

 昨晩のルコは、くねくね、ぐるりん、ナーオの鳴き声、ダッシュのリピート。避妊手術の事前検査の結果問題なしと言われ、手術の日程を予約した矢先の発情期突入です。一昨日月曜日の夜もニャーニャーいってるなとは思いましたが、「遊べコール」としか思わなかった私。やけにトイレの回数が多いなとは思っていましたが、発情期に入ったとは思わず。昨日は遊び終わって、片付けをしていると、廊下でルコがごろんとお腹を出しました。今までも「遊ぼう(ごろん)」という行動はあったので、気にしていなかったのですが、今回はゴロンだけでなく、くねくねと背中をこすりつけるように動く。この行動を見た瞬間に「あ、発情期突入した」と思いました。

 昨晩はルコはルコで、くねくねぐるりん、鳴き続け、私は私でルコをなだめすかす為に、立って抱っこしながら、撫でて揺れる。お互いまともに寝たのは今朝の5時でした。

 今日は急遽午前休をもらい、病院に前倒しで手術をお願いしてきました。15時前には病院から無事に手術終わりましたとの連絡ももらい、ほっと一安心。寝れないことも辛かったですが、ルコが鳴き続け、ゴンゴン音がするぐらいに床にゴロゴロする姿を見ている方が辛かったです。ルコが母猫になることはなくなってしまいましたが、病気のリスクが減った分だけ長生きさせてあげられるようにしなきゃと思いました。

 それにしても、帰宅時に玄関からお迎えの鳴き声がせず、一人で黙々と寝る準備をするのはこんなにも寂しいものなのか・・・。

luko18.jpg
土曜日、早めに迎えにいくからなー!

手術前検査

 今日は、久しぶりにルコを病院へ連れて行きました。うちは2つの動物病院にお世話になっていて、1軒は徒歩数分のところにあるこじんまりとした病院。平日の通常診療時間が夜8時からで、仕事が終わってから行けるので非常に助かっています。もう1軒は昨年ルコが怪我をした際にお世話になった病院。徒歩20分弱ぐらいのところにある比較的大きな病院です。今日は後者の大きな病院へ昨年の怪我の状態確認と避妊手術の相談のために行ってきました。

 昨年怪我をした際にお世話になったT先生とU先生のうち、今日はU先生がいらっしゃったので、U先生に診てもらいました。入院中、毎朝検温されていたルコは、久々の検温でも逃げることなく、レントゲンも大人しく撮られていたようです。レントゲンの結果、怪我をした気道、食道あたりに異常もなく、肺や心臓も問題ないとのことで、血液検査の結果を明日聞いてから避妊手術の日程を決めることになりました。怪我をしたのが、6ヶ月ぐらいの時だったので、1歳手前のルコを見た先生は、「大きくなって子猫の雰囲気がなくなりましたね〜」と。飼い主が思うに、病院で猫が猫かぶってた。

luko17.jpg
ねこかぶるってなに?いつもおとなしいいいこやん。だから、はよそのおもちゃをほって!
いいこは人が着替えてる時に、2メートル離れたキャットタワーから肩めがけて飛んできません!


 

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。