現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナレソメ

 ルコと出会った経緯について、自分用の記録も兼ねて。

IMG_0450.jpg
最初に見た写真


 2012年6月29日、里親探しサイトで見かけた縞三毛っぽい子猫のあどけない顔に惹かれ、勇気を出して保護している方にメールで連絡をとってみました。何故、「勇気を出して」なのかというと、1)保護主さんの家から我が家まで少々距離がある、2)一人暮らし、3)留守番の時間が長い、という3つの理由がありました。里親を探している保護主さんの中には1)〜3)に当てはまる方はお断り、という方もいらっしゃいます。何かあった時(飼い主が倒れるなど)にひとり暮らしだとどう対応するのかという懸念事項もあるし、ひとり暮らしの人が猫を虐待という事件も起こっているから、次に猫を託す人を慎重に選び、安心できる人に託したいということなんだろうと思います。その気持ちも理解できる一方、個人的に一人暮らしだからと門前払いされてしまうと、世帯を持つこと=社会的に認められるという図式が見え隠れするようで悲しくもあります。また、4つ目の理由としては、自分以外の生命に責任をもつ決心をするという勇気が必要でした。

 メールを送ったその日のうちに、保護主さんから一度会いにきて下さいと連絡をいただき、7月7日に会いに行くことになりました。保護主さんからは、7日までに私よりも家が近く、留守番の時間が短い人がいれば、そちらを優先させる可能性もありますと伝えられていましたが、無事に7月7日に初対面となりました。

 7月7日 昼過ぎお宅にお邪魔すると、ケージから出してもらって同じ月齢ぐらいのサバトラ白の子と一緒に走る縞三毛ちゃん。カーテン側でグルグルしたりと、元気いっぱいです。数日前に階段から転がり落ちて、鼻を怪我したそうで、ちょうどかさぶたがとれて鼻の頭に三角形のハゲができてました(笑)また、乳飲み子も保護されていたので、そのご飯タイムを眺めさせてもらったりしながら、話をしました。保護主さんは、一人暮らしだから、男性だからと断ることはないそうで、乳飲み子を男性で一人暮らしの方にお願いしたこともあるとおっしゃっていました。「今日連れて帰りますか?」と聞かれましたが、子猫を入れられる状態の家じゃない為、翌日迎えに行くことに。

 7月8日 午前中に駅で待ち合わせて、引き渡し。電車に乗って数分は「ニャーニャー」と鳴きましたが、それからは一切鳴かず。私は一番後ろの車両の一番後ろのスペースに立ったまま、キャリーバックを揺らさないように必死で家を目指します。道中1時間ちょっと、その後電車を乗り継ぎましたが、鳴くこともなく、無事に我が家へ到着。割合すぐに水を飲んだり、トイレに行ったりとしてくれたので、一安心。

luko1.jpg
ここ、どこ?
我が家についてすぐの写真。この後飼い主の影響で基本大阪弁となります。


 こうして当時の体重1キロのちっさなルコは、私の相棒となったのでした。(ちなみに、種類を問われると黒、赤、白の三毛猫ではなく、茶縞、赤縞、白の三毛猫だと説明しています。この色合い、三毛猫と言う分類でいいのかしら?)

luko6.jpg
何色でもええやん。はよ遊ぶで!

スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。