現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

ロードバイクを載せるために車を買った話

2018年入る前から車を買おうかという話が我が家であがりました。 


これまでロードバイク持って出かけるときは、近所のガソリンスタンドがやっているレンタカーかカーシェアを利用。ただ、車輪の前後輪外しが必要だったり、大きい車は直前では予約できなかったり、返す時間と戦ったり…とあり、私の運転練習も兼ねて買おうかと。 

 条件は 
ロードバイクを車内に2台載せて、人2名乗れること
ロードバイクは前輪のみ外す
ロードバイクは重ねて横置きではなく、縦におけること
相方のバイクのサドルを下げないで載せられること
中古車でOK
5年くらい前の型式
走行距離5万キロ前後
軽自動車以外(私が小さい車に最初から慣れたくなかったから)

とにかく、ロードバイクを載せてトランポするための車という前提で探します。ホンダのFREED SPIKE(現FREED +)は台数が少ないのと、値段があまり下がらないようで予算オーバー。FIT SHUTTLE(現SHUTTLE)は余裕でロードバイクつめたのですが、車内に広がるタバコの匂いに私ギブアップ。ホンダのお店が近かったのでそちらをのぞいてたのですが、トヨタのISIS、マツダのプレマシーも探してみようかと作戦変更。

そんなある日、新大宮バイパスを走っている時に前を走っていた車が目に留まりました。「これならロードバイク2台いけるんじゃない?」と調べてみたら最寄りのディーラーに該当車種の中古車があった!

ロードバイクを持って行って積ませてもらうと、ギリギリ入る!車内、エアコンつけてもタバコ臭さなし!走行距離6万キロ。




値段交渉して、購入決定。





が我が家に来ることになりました。マツダ プレマシーのOEM車です。

最初は購入条件ではなかったスライドドア。実際に使ってみると便利でした。庭側の出入口そばに車を停めて、荷物を載せるのですが、その際にドア幅分横に広がらないので、車が横を通る度に閉める必要もない。

そんなラフェスタは、常に2列目3列目を倒してフルフラット状態にし、その上には大きなビニールシートとミノウラのVERGO EXCEL、ホイールバッグ2つが入っているという車載仕様。未だに2列目の席が稼働したことはありませんw




嶺方峠までドライブ

2018年4月22日

渋峠で雪の回廊を見たその日、草津に泊まりました。翌日はロードバイクで走った渋峠を車で越えて長野を走ろうという予定でした。

が、まさかの草津側通行止めにより、車で迂回して長野入りすることになりました。

草津から群馬県道59号を走っていると、畑の中に駐車場が。浅間・白根・志賀さわやか街道駐車場という名前なんだとか。何でこんな畑のど真ん中に…と思いましたが、

201805231937231ad.jpeg
畑の向こうに浅間山!

これから畑の作物が植えられれば、もっといい景色が広がるんではないでしょうか。

長野県に入り、菅平の交差点で標識は「長野市に行くなら右に行け」と出ているものの、ナビは左の県道34号を行けといいます。地図で見る限り、左でも長野市方向だし、県道だし、普通の道だし、いけるでしょ?と思ったら、途中から笑うぐらいの激坂オンパレード。下っていたのですが、コーナーのインがきつすぎて、道が波打ってるように見えるし、マニュアルモードでエンジンブレーキ使っててもスピードあがるし、車内で2人笑っておりました。雰囲気林道です。

長野市に着いたら、善光寺へ寄り道。お昼ご飯にお蕎麦を食べて、出発。

目指すは、白馬の嶺方峠。時間も時間なので、今回は車で国道406号をひたすら西へ進みます。里山といった景色の中を走り、登りが増えてきたところで、白沢洞門にさしかかります。

洞門の出口からは
201805240808577cc.jpeg
白馬の山!すごい!すげー!

車で白沢洞門抜ける瞬間に目の前に広がる景色に感動したので、ロードバイクだったらもっと感動だったのでしょう。

20180524081332834.jpeg


ここから青木湖へ足を伸ばします。うちのナビちゃん、大通りが嫌いなのか、完全な生活道路を指示します。そんな中、庭先にいた地元のおばあちゃんが他県ナンバーのうちの車を見て手を振ってくれました。

201805241937059af.jpeg
青木湖到着。

時間も時間なので、ここから家路につきます。

が、ナビが案内した県道324号が曲者。最初はゲレンデの中にこういう道あるよね〜ぐらいだったのが、次第に道路の幅が狭くなり、片側崖(ガードレールなし)になり、そして道路幅2mあるのかないのか状態に。一方通行ではなかったので、対向車きたらどうしよう…((((;゚Д゚)))))))と手に汗握りっぱなし。すれ違えるスペースがあるところといったら、だいぶバックしないとなかったから!

下り坂が終わり、大きな道に合流した時の安心感といったら、言葉にできないくらいです笑

道の駅に寄り道しながら、上信越道に乗って事故渋滞に巻き込まれながら帰宅しました。

長野、仕事さえどうにかなるなら移住したい、そう思うぐらい景色の良いドライブでした。

このカテゴリーに該当する記事はありません。