現在地、トーキョー。 

猫とロードバイクの自由気ままな覚え書き。

くるっと伊豆大島 Day 1

2017年1月某日 土曜日


元町の宿に荷物を預け、補給食多めとスニーカーを持って走り出します。元町から時計回りに大島一周道路を走ります。 

車少なっ(嬉)
あっちに富士山見える!(最近富士山追っかけてる) 
あら、ロードバイク2人組発見(こんにちはーとごあいさつ) 
椿がめっちゃ大きい! 
...坂... 

そんな感じで走りながら、わーとかすごーいとかげっとかずっと喋ってました。(うるさかっただろうなぁ、私) 

都立大島公園まできたら、一周道路から外れて三原山山頂口までヒルクライム。激坂があるわけでもなく、淡々と登れます。

気がつけばもやっとした空は晴れている。
   


山頂口手前の展望台。

大島2 
うっすら富士山。

大島1 
展望台から三原山。

展望台で写真撮りまくったら、山頂口まで上ります。スニーカーはここではまだ使わず、山頂口から一周道路までダウンヒル。またしばらく一周道路を走っていると、「月と砂漠ライン駐車場まで3キロ」の看板と横道。

3キロなら行ってみよう!

と、どの口が言うた・・・早々に後悔です。路面が若干荒れ気味、道幅は車1台分、ガーミン先生がずっと10パーセント以上を示しております。

途中車でパトロール中のおまわりさんに会い、「あと少しですよ〜」と励まされます。
おまわりさん曰く、昨日(当初伊豆大島走る予定だった金曜日)はとにかく天候が荒れていて、山のあたりでは雪もまじっていたんだとか。今日はうってかわって天気が良くていいですね〜気をつけて下さい、と送り出されて残りの坂を上ります。こうやって書くと短い会話ですが、割と長々とお話してました。お別れした後、「暇なんだね」「お巡りさんは忙しいより暇な方がいいよ」なんて会話をしていました。

残りの坂を上りきったらこじんまりとしたスペースと「月と砂漠ライン」の看板。ここで自転車はお留守番。ビンディングシューズからスニーカーに履き替えて、砂漠に向かって茂みの中を歩きます。

砂漠と富士山 
砂漠の向こうに富士山!(どれだけ富士山を追っかけてるんだ、私)

砂漠ワイド
砂漠をパノラマ撮影。ここでスター○ォーズとか撮影したらぴったりじゃんと友人。

第1展望台、第2展望台と砂漠を歩いて行きます。
三原山の砂漠は日本で唯一の砂漠。砂丘が風で運ばれた砂が堆積した地形であるのに対し、砂漠は降雨量が極端に少なく、岩石や砂礫からなる広大な荒地という気象条件と土地を指しているそうです。歩いてみると岩がゴロゴロ、遠くに見えるのは低木や草だけ。地面に保水性はなさそうなので、植物は確かに育たないだろうなぁ。

今回1泊にして、時間制限なしのライドにして良かった。この景色を時間に追われることなく、飽きるまで眺めてられます。第2展望台のあたりには見たことない観測器があり、これは何なんだ?と違うところにも興味を示す私たち。

そんなことしてると時間はいつの間にやらお昼前。
一周道路に戻り、ダウンヒル。

筆島 
左手にちょこんとあるのが筆島。
ここから波浮を目指します。お腹減ったよ!お腹!波浮近くで歩道を歩く高校生?中学生にこんにちはー(・∀・)ノと挨拶されましたよ。

波浮でランチ!ランチ!(空腹MAX)
ランチ 
港鮨さんで地魚の刺身定食。あした葉の天ぷらつき。

更に別腹で。
鵜飼商店 
鵜飼商店でコロッケとメンチを買って、海を見ながらモグモグ。

波浮から次に向かおうとしていると聞き慣れない、見慣れない単語が登場。

トウシキ ボムサッグ

なんだこれ、ちょっと探してみようと海辺の公園ウロウロ。
写真は撮ってなかったので、伊豆大島ジオパークのサイトをご紹介。(http://www.izu-oshima.or.jp/geopark/geosite/pics_umi.html)

ここからしばらく走り、
地層断面 
地層断面前。バウムクーヘン食べたい。バウムクーヘン...地層の迫力にひきつけられながらも、思ったことはこれ。食い気だなぁ、私w

ここから元町港へ向かって走ります。途中、伊豆大島火山博物館に寄るかという話も出ましたが、元町にある観光協会が閉まる前に東京都がやっている宿泊割引の割引券の手続きに行かなければならないので、火山博物館はスキップ。

観光協会で手続きして、一度宿に寄ってチェックイン。背中に背負っていたスニーカーを置いて、今度は夕日を眺めに元町港から北に延びるパームビーチラインへ。

野田浜 
野田浜海岸のBuddy's Bell、「信頼の輪」。Buddyとはダイビングで組むパートナーのこと。ここが建てられた経緯を文字にし始めると泣いちゃうので、気になる方は調べてみて下さい。そういえば、小学校の水泳でプールから上がると「バディ組んで」と点呼されていたのをふと思い出しました。

夕日 
元町港から沈む太陽をずっと眺める。

太陽が完全に沈んだら、島のスーパーへ。地層断面見てから食べたかったバウムクーヘンを購入して宿に戻ります。今回、離れの部屋になり、離れのベランダに自転車を置かせてもらいました。

宿でお風呂入って夜ご飯。これでもか!という量のご飯、全部食べきりました。
その後、すとんと眠りに落ち、1日目の大島が終わりました。

当初の予定日が大荒れだったので、1日予定をずらしてどこまで伊豆大島を走れるのかと不安でしたが、蓋をあけてみれば晴天で風ほぼなし。天候に恵まれたのはラッキーでした。



くるっと伊豆大島 Day 1 到着したよ

2017年1月某日

金曜日夜の都内を自転車で走り(スタート前にリアライトの電池切れとかでバタバタしましたがw)、竹芝桟橋を目指します。職場がそっちの方なので金曜日夜に自転車で向かうのが不思議。

竹芝桟橋に到着すると、乗船券購入窓口で予約番号を伝え、往復分の乗船券を受けとります。

大型客船は自分で輪行袋入りの自転車を持ち運ぶなら無料、コンテナに丸っとそのまま預けるなら片道1,500円です。自走で竹芝桟橋まで行って輪行袋に入れて、復路はその逆とか面倒。ということで、お金で解決。自転車をそのままコンテナに預けます。竹芝桟橋出発の30分前までにコンテナに預けましょう。自転車のコンテナ預けは事前予約不要です(2017年1月時点)。ジェット船は輪行袋必須。

往路は2等和室。雑魚寝スペースですが、一応番号で区切られています。出航後貸し出される毛布を2枚借りて、1枚は下に敷いて、もう1枚は上にかけます。

寝床の準備ができたところで、外へ。


会社から見えるレインボーブリッジを下から眺める。

横浜に寄ってお客さんを乗せて、しばらくすると消灯。そしてしばらくすると点灯。そんな感じであっという間の睡眠でした。三半規管ヨワヨワなので、乗船前にしっかり酔い止め飲んでおきました。それが効いたのか、小さいときほど三半規管弱くないのか酔うことなく、船旅を終えたのです。

薄暗い岡田港に到着。皆さん書かれていますが、伊豆大島の北側岡田港に入港するのか、西側の元町港に入港するのかは、その時の気象条件で決まるそうです。コンテナから出された自転車BURAと無事再会。今回往復コンテナ預けにしたので、カーボンバイクをもってきました。輪行袋なら迷わずアルミバイク。

前日こさえたおにぎりを岡田港でモグモグ。おにぎりを頬張る目の前で輪行袋から自転車を取り出して組み立てるお兄さんたち。日帰りで1周するということで、組み立て終わったらさぁーっと走りに行きました。岡田港、ロッカーがないのがちょっと残念なところ(今回私には必要なかったのですが、日帰りだと欲しい)。岡田港そばで荷物預かりしてくれるところもあるのですが、早朝の対応はありませんでした。

今回は1泊するので、まずは宿に荷物を預かってもらうため元町へ。元町へ行くまでに島の道路のアップダウンの洗礼を受ける( ̄▽ ̄;)寝起きの身体に坂がきつい。

宿のおじいちゃんに今日はよろしくお願いしますと挨拶をして、荷物を預かってもらい、元町から反時計回りに大島周回道路を走ります。

長くなるので、次回へ...


くるっと伊豆大島 出発前から...

2017年1月某日

年末年始に宿や船の手配をして楽しみにしていた伊豆大島行き。

当初プランは

金曜日に有給取得
金曜日朝の東京発大島行きのジェット船で移動
金曜日は1日大島くるっと満喫して、大島泊
土曜日午前中は三原山ヒルクライム
土曜日午後の大島発東京行きの大型客船で夕日&夜景を見ながら帰ってくる
日曜日は片付けとゆっくりデー

という感じ。
週間天気予報が見られるようになり、雨マーク、曇マーク、晴れマークに一喜一憂。そして、数日前になると時間ごとの予報に加え、風速も出てくるようになります。

持っていくウェアを確定しようと時間ごとの天気予報を何気なくみると...



大島到着予定時刻あたりから風速10mオーバー。
島の海沿いの道をその中走るなんて...ヤダ!!
宿に宿泊予定日をずらして空きがあるか確認して(土曜日泊はラスト1部屋だった)、船も予約変更できるか確認して(2等和室は残り3つ)、何とか土曜日大島泊プランに変更。

当初の出発日金曜日は波が高くてことごとくジェット船運休。前日木曜夜発の大型客船は運休日だったため、金曜日は船では大島に上陸できないという状況でした。

金曜日朝発ジェット船から金曜日夜発の大型客船に予約変更して良かったらしい。

ナイス判断で始まる伊豆大島。
久々の船旅です。
三半規管ヨワヨワの私が久々の船旅ですよ~(^_^;)

ニューシューズ

自転車お休み、教習所通いをしていたら、ようやく到着しました。ニューシューズ!



これまで履いていたものは、ショップの店長奥様から譲ってもらったもの。それがGAERNEだったのですが、靴の形があっていたのか不具合も出ず。

ということで、今回もGAERNEにしました。
レディースモデルの24.5。下のリンクのモデルです。

http://www.podium.co.jp/gaerne/road/gchrono-lady/

マジックテープベリベリから、BOAダイヤルグリグリに。

ショップにはサイズあわせのために、レディースモデルではないG.SPEEDの24.5も取り寄せてもらいました。

G.SPEEDでも前後は問題ないけど幅が若干大きめ。レディースは幅もピッタリ、ジャストフィット!でした。

これを買うとき思わず店長に

「うちの中で一番高価な靴です(笑)」

と言ってしまいました。仕事用のヒールでも半値以下だわよw


シューズの入っていた箱を差し上げた結果。
食いちぎることは9割予想してたけど、箱にみっちり詰まる1割を期待してたのに...orz

今年初のお山へ

2016年5月8日


今シーズンのお山開きに行ってきました。
東武東上線小川町駅まで輪行。風がやけに強い気がするんだけど、気のせい…ではないよなぁ。

ルートは定峰峠→尾根伝いに白石峠→堂平天文台→白石峠下って自走で帰る。8時半過ぎに駅前をスタートし、定峰峠を目指します。途中新緑の山と青空がキレイだったので、写真撮ろうとスマホを取り出したら、タッチパネルがうんともすんとも反応せず。そんな訳で景色最高!だったのですが、写真なし。

サイドボタンでカメラ起動するらしいことを帰宅後知ったのですが、スマホはその後何回再起動してもタッチパネル無反応。・゜・(ノД`)・゜・。

定峰峠からは尾根伝いに白石峠を目指すのですが、この尾根が地味にツライ。いつもは白石峠から定峰峠側へ下ってくるだけなので気付きませんでしたが、意外に勾配あるんだなぁ。

白石峠から堂平天文台に初めて登る。
一気に視界が開ける。私このベンチで山並みと空見ながら何時間でもぼーっとできる(笑)けれど、自走で帰る&風が強そうということで、あまり長居はせずに白石峠を下る。この日も白石さん、大人気。登ってくる人が途切れることがありません。

白石峠の登り口からずっと下っていると、チームジャージで登ってくる人が。あのシルエットは…と考えてスライドする瞬間に「Kさーん」と叫ぶ。私はチームジャージじゃなかったし、ダウンヒル終わったところで着ていたチームのウィンドベスト脱いだので分かりづらかっただろうなぁ。

明覚駅そばの古民家カフェ枇杏ではやめのランチをとり、あとは戻るだけ。物見山経由で荒川サイクリングロードへイン。物見山でこれまたチームの人とスライド。荒川サイクリングロードへ入るまでは、自分が速くなったのかと勘違いするほどの追風でした。

使えないスマホを持っての単独ライド、非常に心細かったです…今ここで単独落車しても助けすら呼べない、と思うと慎重に慎重を重ねて走るしかなく。単独ライドは自分が好きだ、ここにいたいと思うところで止まってゆっくりしたり、思う存分写真撮ったり、お店の人と世間話したりできるので好きなんですが、その大前提にいつでもどこでもヘルプが呼べる状態というものがあるんだなぁ、と認識したライドでございました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。